秀吉と桃山文化 その3

『実利主義』

右筆が、醍醐の「醍」の字を書けなかったのを、「大」の字を書けばよいと教えたのは、むしろ

秀吉の実利主義の一面と、諧謔(かいぎゃく)的な性格を物語る話として、興味があるところで

す。

秀吉直筆の手紙(for官兵衛)
hi.秀吉が官兵衛に出した手紙

今の世に秀吉が生きているとしたら、漢字制限論者なのでしょう。

秀吉自筆の手紙などは、みな仮名書きなのです。

これらは変体仮名を交えた平仮名であって、漢字はまれにしか書いていないのです。

しかし、これらを見て、秀吉は漢字を知らなかったのだ、やはり無学であったのだと、いうのは

早合点なのでしょう。

その時代の手紙の書き方を検証する必要があります。

手紙には書状と消息の2つの形式があって、書状の場合は漢字を用いますが、消息の場合は殆ど

平仮名で書くのが当時の慣例であったようです。

ですから、仮名で書いてあるから、秀吉は漢字を知らなかったという判断は間違っているのかも

知れません。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


pig 20141012 002





                        <参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

もっとガサツな文字だと思ってましたが、現代だと、十分達筆に見えますね。

えどっこっこ さま

えどっこっこさん、こんにちは。

そうですね。
土民あがりですから、字はガサツなんだろうと思いますよね^^

たぶん、信長の家臣時代には字は書けていないだろうと思って
いましたが、官兵衛さん宛であれば、信長の家臣時代と思われ
ますよね。
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ