秀吉と桃山文化 その4

『関白秀吉』

「奥山に紅葉ふみわけ鳴く蛍」という句も、決して太閤無学説の立証にはならないのでしょう。

尾張の土民の子として育ち、田んぼや草むらで遊んでいたはずの秀吉が、蛍が鳴かないことは知

っていることです。

豊臣秀吉(1537-1598年)
to.豊臣秀吉

俳諧の発句は付け句をする人を困却させるのを目的にするわけですから、奇想天外な句を選ぶの

が常道ですから、これは秀吉の文学的素養の優秀さを示す句であって、無学さを物語る実例にな

らないのでしょう。

確実な文献にもとづいて、秀吉の教養の程度を伺ってみると、まず秀吉の御伽衆・木村由己が書

いた『関白任官記』によると、秀吉は素性が卑しいために学問をしなかったことを後悔し、関白

に任官すると同時に儒者を招き、数巻の古い伝記や諸家の系図などを調査研究したというのです。

秀吉が亡君・信長の意思をついで、中央の政権を掌握し関白に命ぜられたのは、1585年(天

正13)7月11日のことであり、彼はすでに49歳になっていました。

この『関白任官記』の記事を文字通り解釈すると、それ以前はまったく無学であったかのように

聞こえますが、そうだったのでしょうか。

これは関白任官と同時に儀礼式典のことを知る必要があったので、特に儒者を集めて諸家の古伝

や系図を研究した訳で、それ以前も狂歌・狂句・和歌・茶の湯などのたしなみが十分にあったの

です。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


ハロウィンがもうすぐ!

ha.20161026 ハロウィン





                   <参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

かぼちゃのベッド?

こんにちは。いつもお世話になっております。すみません、ご無沙汰になってしまいました。

秀吉の国内外の政策やあらゆる文化への楽しみかたを見ていると、巷で言われるような田舎のおさるではないと私も思います。
毎日生きるか死ぬかの戦いをしていたわけではないので、その気になれば一流の講師を雇うことぐらい出来たでしょうし、そもそも素養がないと無理。

尾張という出身地も考慮すべきかと思います。井の中の蛙ではないでしょう。

うさーずさん達のお部屋、かわいいですね。
かぼちゃのベッドで眠るとお姫様になれるのかしら?

たいさ さま

さいさ、こんにちは。

戦国武将は戦いばかりではなく、毎日、酒飲んでいたのじゃない?
上杉謙信のように・・・。

ハロウィン最近盛り上がってますよねー´・з・)-☆
日本人は新しもの好きですから・・・。
Xマスは忘れたかもです( ͒˃⌂˂ ͒)

つねまる  さま

つねまるさん、おばんですー(^_^)/ 

そうなんです。
三英傑のなかで、おさるさんが一番の文化人だと私は思っています。

信長、家康より遊び心が旺盛ですから、この遊び心から風流が生まれ、人としての
厚さがあったのでは。と、勝手に思っています。

歴史は研究し、史実を追求するものでしょうけど、私の場合は可能な限り史実に
耳を傾け、残りの80%は楽しみながら自分で思いを馳せているだけです^^。

> 尾張という出身地も考慮すべきかと思います。井の中の蛙ではないでしょう。

この尾張というところが、この時代の中心なんですよね。
この時代の立身・出世を夢見たのも、この土地の人ばかりですから・・・。

> かぼちゃのベッドで眠るとお姫様になれるのかしら?

いまのところ、sakuraの専用ベッドになっています^^
pigket、sa-ko譲は、ミネラルの空き箱がいいようです( ͒˃⌂˂ ͒)
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ