秀吉と桃山文化 その8

『天皇から御製を賜る』

関白任官の翌年(天正14年)の2月24日、秀吉は宮中に参内し桜花が爛漫と咲き誇っているの

を拝観して、心を動かされ眺めていたら、その様子を正親町天皇に上奏する者がいて、天皇から、

次の大御歌を賜っています。

立ちよりし色香も残る花ざかり散らで雲井の風やへぬべき

正親町天皇(第106代天皇 1517-1593年)
oo.正親町天皇

これを拝見した秀吉は、ただちに

忍びつつ露と共にながめしもあらはれけりな花の木のもと

と詠んで、奉答している。

また、その翌年(天正15)、九州遠征の途中、3月20日、安芸の厳島明神に詣でて、次の一首

を詠み旅情を慰めています。

ききしよりあかぬ眺めのいつくしま見ればやと思う雲の上人

同月25日、長門の国の下関に着き、阿弥陀寺を見物し、安徳天皇の御影、および平家一門の人々

の画像を拝観し

波の花ちりにし跡をこととへばむかしながらにぬるる袖かな

の一首を詠んでいます。

これに唱和して、蜂谷頼隆・佐々成政・山名豊国なども一首ずつ詠んだといいます。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



sa-ko 20161102



                     <参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ