秀吉と桃山文化 その18

『秀吉の最後』

「真書太閤記」に書かれた太閤秀吉の末期は、史実とは少々違うようです。

to.豊臣秀吉 002

相国寺の長老・西笑承タイの書状や、家康の侍医・板坂卜斎の覚書や毛利家の古文書に載っている

五大老の起請文、秀吉自筆の遺言状などによると、秀吉は慶長3年の5月頃から発病し、次第に痩

せ衰え、7月には伏見城内の前田利家の屋敷で、秀吉の遺物を家族や諸大名に分配し、起請文を提

出させ、8月5日に病床で五大老あてに遺書をしたため、

「秀頼が成人するまで、この書付を書いた人々に、頼み申す。何事も、このほかには、思い残すこ

ともない。くれぐれも、秀頼のこと、頼み申す。5人のかたがたに、お頼みする。くわしいことは

五奉行に申し渡した。名残り惜しいことだ」

と繰り返し、繰り返し、懇願している。

五大老・五奉行などは、同日、互いに、8ヵ条の起請文を交換し、後事について誓約を結んだと

いう。

その後、秀吉の病勢は悪くなる一方で、意識も朦朧となってきたので、五大老は相談の末に、3ヵ

条の指令を発し、今後の事は形式上この指令に従うことにとどめ、他日、秀吉の病が回復してか

ら、改めて御定を承り、それに従うように定めたという。

8月16日、秀吉は五大老を枕元に招き、また、ねんごろに秀頼の将来を託したけれど、病勢は

刻々と危篤となり、18日の午前2時になって息をひきとった。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


pig 20161124




                      <参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

毎日かわいい写真をアップしてくださりありがとうございます。
100名城素晴らしい!感心します。
歴史のお勉強になります。

名無し さま

名無しさん、こんにちは。

うさぎ好きでいらっしゃるのでしょうか。
来週には、ネザーの子供がもう一羽やってきます^^

> 100名城素晴らしい!感心します。

百名城は廻り終えて、現在、ライトアップを廻っていますが、
すっかりペースダウンしています><
ライトアップは一夜に一城ですから効率悪いですしネ。
お気に入りの城とか、あったら教えてください。
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ