「疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山」

『戦術を「旗印」にして戦った武田信玄と甲州兵』

「名将言行録」には次のような記述があります。

「信玄、常に人に語っていわく、およそ軍勝は五分をもって上となし、七部を中となし、十部をも

って下となす。人その故を尋ねければ、五分は励みを生じ、七部は怠りを生じ、十部は驕りを生ず

と言われけり。故に信玄、つねに六、七分の勝を越さず」

これは信玄が、戦いを大局的、長期的な視点からとらえた戦略領域の話です。

甲府駅前の信玄公
ta.武田信玄(甲府駅前)

これに対し、信玄が「孫子」からとった武田軍旗の有名な14文字

『疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山』

「疾(はや)きこと風の如(ごと)く、除(しず)かなること林の如く、侵掠(しんりゃく)する

こと火の如く、動かざること山の如し」

は、戦術に相当します。

信玄は孫子のこの章句を愛し、「其疾如風」、「其徐如林」、「侵掠如火」、「不動如山」の4本

の旗を作っています。

最初に「其疾如風」の旗が仕上がると、信玄は重臣・馬場信房、高坂昌信らに示し、感想を聞いた

という。

信房が

「風の文字を旗にされたのは、いかなるわけがございましょうか。風ははげしくはありますが、朝

に気が鋭く、夕べには気が帰す、と申します。」

というと、信玄が答えた。

「確かにそうである。しかし、旗は、つねに先陣にあるもの。それは、疾きことをよしとする。本

陣がその風を継いでいけばよいだろう」

この言葉からも、信玄がいかに「風林火山」の章句を戦術に生かしていたかわかります。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


ボクは食器の中で食事します。

20161209.jpg




              <参考文献:いまさら聞けない長年の大疑問(歴史の謎を探る会)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつもありがとうございます。
かわいいですね。
心がじーんとして温かくなります。

名無し さま

名無しさん、こんにちは。

久しぶりですね^^

Tigger もわが家に来て一週間が過ぎ、慣れすぎの状態
です^^

ペットは気持ちが和みますね。
なにか、飼育していらっしゃるのでしょうか。
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ