「夫を餓死させられた満天姫」 その2

『満天姫は家康の養女』

秀吉の政権を担っていたのは家康のほか、前田利家、宇喜多秀家、上杉景勝、毛利輝元の

五大老と石田三成ら五奉行。

あからさまにいうと家康は四大老五奉行に揺さぶりをかけたのです。

当然、彼らは反発します。

あるまじきこととして石田三成が起草した問責書に四大老五奉行が連署して家康に送り届け、

ひと悶着あって家康もとりあえず縁組に関しては白紙に戻した。

だが、翌慶長4年、家康は悶着などあったかいなあ、覚えていないぞ、という顔をしてさっさ

と縁談をすすめ、松平康元の娘・満天姫は福島正則の養嗣子・正之に嫁ぐこことなった。

福島正則といえば、秀吉の子飼いの武将ですよね。

満天姫は家康の養女です。

しかし、養女としては別格で、家康にとっては実の娘ほど思い入れが満天姫にはあっと思われ

ます。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



20170104.jpg




                 <参考文献:戦国女人抄おんなのみち(佐藤雅美著)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

イキイキ♪

こんにちは。いつもお世話になっております。
松平康元の娘なら、そろそろ松平ブランドが売れ始める頃でしょうから、それだけでも「おっ」と思ってしまいます。

女性が生き生きとしていたと思うんですよ、この時代って。

亭主元気に戦へ行った、な日々ですから、男なんてへなちょこよねーって、笑い飛ばす勢いぐらいはないと留守は守れないし、万が一の時にはあれこれ考えて対応する度量も必要ですし。

着物も、らくちんな着付けですよね。
わかりやすいのは、帯です。
戦国、安土桃山時代と江戸時代とでは、全く異なります。

男目線で語る昔の歴史小説を読むと笑っちゃいます。
おほほほほほほー。

あ、ちびちゃん、ついていくなら、お姉様ですよ。


つねまる  さま

つねまるさん、こんにちわー

今年は女性に敬意を表そうと努力します。ハイ!

舞台は、知多半島の付根ですよー♪

於大さんから始まる話ですね^^

> 女性が生き生きとしていたと思うんですよ、この時代って。
> 亭主元気に戦へ行った、な日々ですから、男なんてへなちょこよねーって、笑い飛ばす勢いぐらいはないと留守は守れないし、万が一の時にはあれこれ考えて対応する度量も必要ですし。

そう。
父ちゃん元気で戦って来い! の時代ですね^^
戦死率は5%で、戦勝品や給金をたくさん貰ってきましから、かーちゃんはホクホクして
待っていたようですね。

> 着物も、らくちんな着付けですよね。
> わかりやすいのは、帯です。
> 戦国、安土桃山時代と江戸時代とでは、全く異なります。

安土桃山時代は文庫結びですか~。わかりませね。
そう、名古屋帯ってありますね。
名古屋が付いただけで、きらびやかに思えますが・・・。

> 男目線で語る昔の歴史小説を読むと笑っちゃいます。
> おほほほほほほー。

今年は女性目線で見たいと思います。
目を細めて見るのか。いや、いやらしい目線だったりして・・・^^

> あ、ちびちゃん、ついていくなら、お姉様ですよ。

お姉さまのお年玉の袋は大きいよ!!!

No title

遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。
江戸東京博物館、楽しめましたよ~

たいさ さま

グリル満天星は、たいさのランチ場所ですか。
東御苑の後に、ちょうどいいですよね♪

そうなんだ。
元旦仕事とかだったけど、ゆっくりできたんですネ。

そう、錦帯橋を待っているのです!
普通に撮っても、期待もてる橋ですから^^

えどっこっこ さま

えどっこっこさん

こちらこそ、よろしくお願いします。

そうなんです。
今日、電車の窓から見ていて、行って見たいと思った場所なんです。
記事を見て、更にそう思いました。

博物館はカメラ禁止ですから、なかなか足が向かないんですけどね><
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ