『女城主・井伊直虎』 その5

『井伊家の天敵となった今川氏とは何者?』

井伊家の天敵となる今川氏とはどんな存在であるか確認してみたいと思います。

今川氏は足利氏から分かれた名門なのです。

戦国無双・今川義元
im. 今川義元・戦国無双

まず足利氏はですが、足利尊氏も鎌倉幕府を開いた源頼朝も、同じ源義家から出た一族でした。

そして尊氏の6代前の吉兼の母は熱田大神宮司の娘で、頼朝と母同士が姉妹だっただけでなく、

吉兼は頼朝の勧めによって北条政子の妹(時政の妹)を妻にしていた。

しかもその夫婦の子・義氏は北条泰時の娘を妻であった。

この足利義氏は承久の乱の戦功によって三河の守護に任じられ、幡豆郡西尾に西尾城(西尾市)

を築いて根拠とした。

義氏には長氏と泰氏の2人がいて、泰氏は北条泰時の娘が産んだ子だったことから、弟ながら

足利市を相続し、兄の長氏は庶流に甘んじています。

そして父・義氏が下野国(栃木県)足利に帰った後、長氏は吉良庄(愛知県西尾市)に住んで

吉良氏を名乗っています。

長氏の長男・満氏は吉良家を継ぎ、次男の国氏は少年の時に装束料としてもらった今川庄に住

み、その地名から今川氏と称しています。

つまり吉良氏は足利の庶流であり、今川氏はさらに吉良氏から分かれているのです。

足利氏の重鎮だった義兼の孫が吉良を名乗り、その次男が今川を名乗ったことから、たくさん

ある足利一族の中で別格とされ

「御所(足利家)が絶えれば吉良家が継ぎ、吉良家が絶えれば今川が継ぐ」

と、今川氏は足利将軍継承位の3番に格付けされる名門と囃されていたのです。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



20170211.jpg




                    <参考文献:女城主・井伊直虎(楠戸義昭著)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ