「夫を餓死させられた満天姫」 その30

『三成の子孫を大目に見た家康』

すみません。
寄り道していたら、満天姫がおろそかになっていました。


三成の次男とその妹が奥州津軽に落ちて、津軽家の世話になっているのを知らなかったのでしょ

うか。

知っていたのでしょう。

徳川家康(1543-1616年)
to.徳川家康

徳川家は僧侶になった三成の3男、甲斐国河浦山薬王寺16世住職に好意的に対応していたとい

うのです。

また、和泉岸和田の城主・岡部宣勝は、同じく僧侶になった三成の長男・済院宗亨大禅師の老後

に保護を加えているのです。(諸説あり)

そのほかにも、和歌山県有田郡湯浅町にある一向宗の寺・極楽寺の住職の家系は三成の兄・正

澄の流れであるという。

これらのことから考えると、三成の一族のせん索に家康はさして関心を持たなかったのでしょう。

あるいは、たしかに三成は家康にとっては仇敵ではあったが、戦いが終わって時間が経ってみる

と、よくぞ、このおれに真っ向から戦った、おのれに媚びをうってくる男たちとは違う。

むしろ気骨のある男。

家康は三成をこう見るようになったのではないのか。だから、長男、3男と同じように、次男と娘の

ことも大目に見たのではないのでしょうか。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



20170302.jpg



                 <参考文献:戦国女人抄おんなのみち(佐藤雅美著)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ