「夫を餓死させられた満天姫」 その40

『福島家が途絶えるのを見届けた満天姫』

正則と正則の福島家に対する幕府の仕打ちはどこまでも執拗できびしい。

正則が信州高野井村で蟄居されられるようになって5年後の寛永5年(1624年)7月13

日、正則は64歳で死去した。

満天姫の墓がある長勝寺(弘前市)
ty.長勝寺(満天姫)

幕府は堀田正吉を検死に遣わした。

正則の家来・津田四郎兵衛は検死の到着を待たずに、正則の遺骸を信州高井郡雁田村の厳松寺

で荼毘にふした。

それが不届きとして、幕府は福島家の4万5千石を収公しています。

やりたい放題といっていいのですが、もれまた日ノ岡の関所からの怨念がえってのことでしょ

う。

嗣子の忠勝は4年前に死んでいたので、幕府は忠勝の下の弟・正利に捨て扶持3千石を与える

ものの、正利もまた寛永14年に死に、正則家は家が絶えてしまう。


一方、津軽信枚死後、津軽藩主は長男の信義(石田三成の孫に当たる)が若年ながら継だので、

満天姫の連れ子・直秀(福島正則の養嗣子・正之の子)はこれに不満だったという。

寛永13年(1636年)9月24日、直秀、自身をもって福島家の再興を図ろうと考え、江戸に上っ

て幕府に訴え出る決意をする。旅立ちのために母親(満天姫)に暇乞いに来た際、直秀が杯を

飲み干した直後、直秀は苦しみだし、ついに絶命したという。(大道寺家譜)満天姫は自分の子

を毒殺するほど、福島家を恨み、また津軽家を守ろうとしたのでしょうか。

満天姫はそれらすべてを見届けるためであったかのように生き、寛永15年3月22日に死去し

ています。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


近江国に行ってきました

20170314.jpg



<参考文献:戦国女人抄おんなのみち(佐藤雅美著)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

う~ん、壮絶ですね。
恨み骨髄でしょうか?

いつも訪問ありがとうございます。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
応援して帰ります。ヽ(≧▽≦)/ポチ☆彡全部

雫 さま

雫さん、こんにちは。

正則さんは、相当に憎まれていたのかも知れませんね。
それに再嫁ぎ先の津軽家に対する忠義も相当にあったのでしょう。

この時代の人たちは強いですね。

No title

こんばんは〜

満天姫は母親なのに…壮絶すぎますね〜
やはり、精神力の強い人は生き延びるんでしょう🎵

ブログ3周年に温かいコメントありがとうございました(*´ω`*)

ようニャン  さま

ようニャンさん、こんにちは。

満天姫にお付き合い頂き、ありがとうございまいた。
戦国時代の話は、壮絶すぎますよね。

そういえば、津軽藩に近いところにお住まいなのでしょうか。
弘前城とねぷたで、2度ほど弘前に行きました(^^♪

最近、東北に向かっていないので、足を伸ばしてみたいです。
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ