「近江国へ」 その2

『旧竹林院と穴太衆の石垣』

比叡山のふもとにある大津市坂本は、門前町として古来から栄え、一帯は国の重要伝統的

建造物郡保存地区に選定されています。

なかでも里坊は、歴史の街・坂本ならではの町並みをつくっています。

おおつ光ル(みつる)クンが迎えてくれました。
12 011

里坊は延暦寺の僧侶の隠居所で今も数多く残され、ここ旧竹林院もその里坊のひとつでです。

12 012

つまり隠居所というのは、今でいう養老院だと思えばいいのでしょうかね。

12 013

邸内には3,300㎡の庭園が広がり、2棟の茶室と四阿(あずまや)があります。

12 014

苔が見事です。

12 015

四阿(あずまや)で、茶室はもう閉められていました。

12 016

実は、ここの駐車場をお借りして穴太衆の石垣巡りをする予定でしたが、誰もいない庭園をゆっくり
廻ってくださいということでしたので時間を費やしてしまいました。

12 017

駐車場は、ちょうど閉められる時間で、意味がない駐車になってしまいました。

街全体が穴太衆の石垣です。

12 018

なるほど・・・。

12 021

一見崩れてしまいそうな石垣ですが、熊本大地震でもその堅牢さが証明されています。

12 019

穴太衆の末裔たちは、熊本城石垣修復の応援に行かれているそうです。

12 020

次回は、プチ贅沢な大津の夜です。


ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

鍵コメ さま

鍵コメさん、こんにちは。

穴太衆の石垣は、隙間に挟んだ小石で旨く圧力を逃がしている
とかいわれますね。

朝鮮式の石垣構築ともいわれているようです。

☆〇〇〇 さま

☆〇〇〇さん、こんにちは。

まったく予備知識がなく入館してきました。
竹林院ということですから、竹が綺麗なのだろうと思い入館
しましがら、全くの外れでした。

苔がきれいでしたので、春になったら見事な庭園なのだろうな
と思いました。
老坊主さんに似合いの館でした^^
 
> 日本が誇れる職人技の集約は大きな力になりますね

そうなんです。
お世話になっています! と一礼して坂本を後にしました。
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ