「夫への愛を貫きとおしたガラシャの娘」 その3

『墨俣一夜城』

信長から墨俣城築城を命じられて、藤吉郎は構想を立てた。

木曽川には松倉という大きな島が浮かんでおり、河原は松原になっている。

その松原を目隠しにして、松倉で墨俣城築城に必要な木材を寸法どおりに切り刻んでおく。

木材は木曽川の上流で伐採し、松倉に流す。

築城には麻縄、藤つる、手斧、鋤、鍬、もっこいなど建築材料も必要である。

墨俣城模擬天守
su.墨俣城 003

そのほか、邪魔をしかけて来るに違いないから、米、味噌、塩など食料、炊飯、料理する鍋、お椀

や寝るための布団、等々いろいろ欠かせない。

それらをあらかじめ用意しておいて一夜で墨俣に運ぶ。

そして城を築きながら敵の襲撃を防ぐ。これらには何千人という人手が必要である。

尾張の北から木曽川沿いにかけて、川並衆とも河内衆ともいわれていた地侍が約2000人ばかり

いて、蜂須賀小六はその魁首、小右衛門は副首という立場にあった。

信長から墨俣城築城を命ぜられ、築城の構想を立てた藤吉郎は小六と小右衛門をたよった。

小六と小右衛門もいい歳になっていて、いつまでも無頼風来の徒でもあるまいと行く末を案じるよ

うになっていた。

藤吉郎から墨俣に一夜城を築きたい、手を貸して貰いたいと必死の懇願があって、そういうことな

らと、小六と小右衛門は引き受けることになった。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



pig 20170410




                 <参考文献:戦国女人抄おんなのみち(佐藤雅美著)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ