「夫への愛を貫きとおしたガラシャの娘」 その4

『藤吉郎は武将に』

藤吉郎は、百人組足軽頭でしかないが、異能の才のある人傑だ。

かつて藤吉郎は蜂須賀小六の家で居候として飯を食っていたこともあり、異能の才があることを

小六は当時から認めていた。

蜂須賀小六(1526-1586年)
ha.蜂須賀小六

この際、藤吉郎を大将に担ぎ上げ、われらは陪臣となって信長に仕えよう。

そうすれば信長とぶつかることはない。信長との嫌なことはすべて藤吉郎が処理してくれる。

小六と小右衛門はそう考え、墨俣城築城ができたあかつきには、自分たち2千人の川並衆は藤吉

郎の家来になる。

そんな心積もりで築城に協力したという。

墨俣城築城は藤吉郎の構想どおりに運んだ。

さすが一日では出来上がっていませんが、敵の襲撃を撃退しながら、3日でほぼ築城したという。

4日目に信長がやって来て小六と小右衛門に感謝した。

その時、小六は

「われら両人、このまま藤吉郎の下で働かせていただきとうございます。よろしゅうございましょ

うか」

信長はあっさりと

「好きにするがよい」

昨日まで百人組足軽頭に過ぎなかった一僕の侍、木下藤吉郎は墨俣に一夜城を築いたどさくさに、

2千余の家来を抱える武将になってしまったのです。

柴田勝家、丹羽長秀、佐久間信盛、滝川一益などの有力武将と肩を並べるにいたったのです。

このことは柴田勝家らにとっては苦々しい限りであった。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


pig 20170411



               <参考文献:戦国女人抄おんなのみち(佐藤雅美著)>

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>2千余の家来を抱える武将

それこそ、数年前の信長であり、わずか一日で万国の大名に。。

面白い時代でしたね。

いつも訪問ありがとうございます。
ポチ逃げで申し訳なく思っています。
応援して帰ります。ヽ(≧▽≦)/ポチ☆彡全部

No title

コメント失礼します。

いつも楽しく拝見しております。
秀吉の立身出世は話は、とても楽しいですね(*´▽`*)

天下人になってからの醜悪な秀吉は嫌いですが・・・
位人臣を極めると人は変わってしまうんでしょうか。

歴史はこういうことを現在の人に教えてくれるので大好きです。
これからもよろしくお願いします( `ー´)ノ

雫 さま

雫 さん、こんにちは。

戦国時代こそ、激動の時代だったのでしょうね。
生きているぞ!
の実感があったでしょう^^

エムロック さま

エムロックさん、こんにちは。

いつもありがとうございます!

秀吉さんが這い上がっていく過程が一番楽しいですね。
なにか微笑ましい気すらしちゃいますし・・・^^

人間上り詰めると、みな同じなのでしょうかねぇ

こちらこそ、よろしくお願いします。
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ