『女城主・井伊直虎』 その16

『但馬守、井伊谷城城代に』

但馬守は駿府で最終工作を行い、徳政令を出させることに成功すると、一時帰国し氏真の下命

をもって直虎から地頭の地位を奪い井伊谷を横領した。

この時、直虎は自分の立場より、虎松が危ないとまず直感した。

虎松は8歳になっていた。

直虎 008

但馬守はきっと虎松の命を奪い、井伊総領家の男を根絶やしにしようとするに違いない。

直虎はすぐに虎松を龍潭寺の松岳院に実母とともに逃がし、南渓和尚に協力を求めた。

南渓和尚も即刻動いた。

僧衣を着せて、奥山六左衛門(虎松の母の実兄)を供につけて、奥三河の鳳来寺に逃がした。

途中、虎松は山吉田(愛知県新城市)にある母方の曽祖父・鈴木重勝(井伊谷三人衆・重時の

父)の屋敷に投宿し、決意も新たに鳳来寺に向かった。

『井伊家伝記』はいう。

「小野但馬、心のままに相計らい押領仕候。祐椿尼公(直盛公後室)、次郎法師、井伊谷城内に

御座成され候こと成り難き故、龍潭寺中の松岳院と申す小庵に御引越し住庵成され候」

直虎は母・祐椿とともに但馬守に奪われた井伊谷城居館を出て、龍潭寺山門前の、かつて母と

暮らしたこともあった松岳院の庵に戻ってきたと、井伊家伝記はいうのです。

「してやったり」と但馬守は自分の家族たちを直虎たちがいた居館本丸に招き入れて、祝杯を挙

げ、ついに井伊谷城代になったことに酔いしれたことでしょう。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


pig 20170429




                  <参考文献:女城主・井伊直虎(楠戸義昭著)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ