「夫への愛を貫きとおしたガラシャの娘」 その10

『石山本願寺の跡に』

翌日の3日、光秀から藤孝のもとに使者があって、味方するようにという。もちろん断ったが、

こういう使者が来るのを予期しての、一足早い、いわば忠誠の誓いとでもいうべき書状を藤孝

は前野長康経由で秀吉に送った。

細川幽斎(1534-1610年)
ho.細川幽斎

この書状がもし、一日、二日と遅れれば、藤孝め、逡巡しおったなと秀吉に痛くもない腹を探ら

れる。

そうさせないために、光秀謀叛の報を得ると、瞬時に書状を送った。

機転が働き過ぎるといえばいえるが、難しい戦国の世を生き抜いていくにはそのくらいの機転は

働かせなければならない。

でなければ世渡りはできない。

そんないきさつがあって、以後、髪を払って隠居した幽斎の跡を継いだせがれの細川忠興が秀吉

の家来になり、幽斎と前野長康はさらに親交を深めていった。

大坂石山に本拠をおいた本願寺は長年にわたって、信長に頑強に抵抗した。

その本願寺が石山から立ち退いて、信長は伊丹に城を与えていた。

乳兄弟であった池田信輝に石山の跡地を預けて警備させた。

むろん信長はそこに安土をしのぐ豪奢な城を造るいもりでいたが、あっけなく光秀の謀反で逝っ

てしまった。

光秀を倒して天下取りを視野に入れると、秀吉だって信長と同じことを考える。

石山の跡地に城を築こうと。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


pig 20170430


                 <参考文献:戦国女人抄おんなのみち(佐藤雅美著)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

可愛くて思わず微笑んでしまいます。

名無し さま

名無しさん、こんにちは。

コメントは、いつもpigletですね^^
彼は、温厚で優しいウサギなんですよ!
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ