「夫への愛を貫きとおしたガラシャの娘」 その21

『秀次では勝てません』

秀吉は天正12年3月から尾州で徳川家康と対峙する。

そのとき、摂津から美濃大垣へと移った池田信輝が秀吉にこう進言する。

「徳川勢は過半が小牧山に集まったようです。隙をうかがって三河に侵入し、諸村諸郷を焼き払

うというのはいかがでしょう。徳川方は仰天し総崩れになるはずです」

池田信輝(1536-1584年)
ik.池田恒興

この進言にもとづいて、秀吉は三河に5陣、総勢3万5千余人を送ることし、総大将は当時、三

好姓を名乗っていた秀次とした。

池田信輝が進言した秘策は間諜からの急報で、家康の知るところとなった。

徳川勢は三河に進む秀吉勢をひそかに追尾し、4月9日の朝、秀次勢が人馬を休めて兵糧を遺っ

ているところを急襲。

完璧に叩きのめした。

総大将の秀次はその身ひとつで、命からがら逃げるのがやっとというありまさま。

それがきっかけで秀吉側は大敗を喫した。

秀吉が激怒したことはいうまでもなく、秀次の無能をなじり、叔父・甥の縁を切るとまでいって、

秀次を遠ざけた。

武将として無能だっただけでなく、秀次は万事に無能で自分が微妙な立場におかれているのだとい

うのを理解しようとせず、酒と女に逃げた。

秀次は叔父の秀吉に似て異様に女好きで、譲ってもらった聚楽第にお手付きの女だけでも25人を

囲っていたという。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


ムササビではありません、tiggerです。

20170609.jpg





                   <参考文献:戦国女人抄おんなのみち(佐藤雅美著)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ