「夫への愛を貫きとおしたガラシャの娘」 その26

『実家に帰される於長』

秀吉と秀次が争う。

仮にそういう事態になったとして、どちらの味方をするのがいいのか。

答えは、ひとつです。

秀吉だ。秀次だと答える者はいない。

誓書になんの意味があるというのか。

豊臣秀次(1568-1595年)
to.豊臣秀次

なのに、不安におののいた秀次は誓書というのを思い立ち、長重ら側近に誓書を差し出すように

いい、さらに諸将諸侍にも誓書をもらってこいと命じた。

長重はもちろん逆らった。

「誓書に意味はありません。またそのことが太閤殿下に知れたらただではすみません」

秀次は眉を引きつらせていう。

「口答えを致すな。余の命じたとおりにすればよい」

長重は側近の家来です。

それ以上は逆らえずに従ったが、恐れていた結果を迎えることになった。

屋敷に帰り着くと。

「一大事にござります」

長重が帰って来るのをいまや遅しと待ちかねていた家来がいう。長重がいう。

「父上の身になにかあったのか」

「そうです。伏見の屋敷から使いがあり、所領を返上して、御沙汰があるまで伏見の屋敷で蟄居

するとのことです」

「ついては、於長殿を実家にお返しするようにと」

「そのこと、於長には?」

「まだ申しておりませぬ。若殿からおっしゃってください」

長重は於長の部屋に向かう。

「いよいよ、来るべきときがきた」

於長は従容としていう。

「わたしもお供つかまつります」

「古来、夫になにかあったからといって、妻が夫の供をするという仕来りはない。また、そなたを

実家に帰すようにとの父上からのことづてだ。舅(忠興)殿は伏見の屋敷におられる。伏見の屋敷

にお届けする。支度をするがよい」

於長の目にはみるみる涙があふれ、泣き崩れる。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


pig 20170622


                  <参考文献:戦国女人抄おんなのみち(佐藤雅美著)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ