FC2ブログ

「夫への愛を貫きとおしたガラシャの娘」 その26

『秀次窮地に』

於長は支度を整え、駕籠にゆられて伏見に向かった。

そのすぐあと、伏見から秀吉の側近、石田三成、増田長盛、長束正家3人連盟の、長重宛の書状

が届き、こうあった。

「明日早々に、伏見の評定所に出頭するよう」

石田三成(1560-1600年)
is.石田三成 001

秀次の供をするつもりでいたが、早々とある。長重は朝まだ明けぬうちに聚楽第に出向き、秀次

と木村重茲とに別れの挨拶をして、伏見に向かった。

「まいりました」

評定所の門をくぐり、到着した旨を告げると、壇上にいた増田長盛がいう。

「中村式部少輔殿にあずける。御沙汰があるまで、神妙に控えておるよう」

「かしこまりました」

駿州府中で14万5千石をとる中村一氏の伏見の屋敷に長重は預けられた。

同じころ、行列を仕立てて伏見に向かっていた秀次は五条の橋を渡り、東山の大仏前にさしかか

った。

そこへ

「上意である」

と声がかかり、行列は差し止められ、秀次もまた若州小浜で6万2千石をとる木下勝俊の伏見

の屋敷に預けられた。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20170627.jpg



                <参考文献:戦国女人抄おんなのみち(佐藤雅美著)>

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム