「夫への愛を貫きとおしたガラシャの娘」 その29

『長重への愛を貫きとおした於長』

於長はその後、秀吉の目から逃げるように、家来に伴われて父・忠興の所領地、丹後に落ちて

幽居しています。

中津城
na.中津城 001

戦国の女はある意味たくましいのです。

女房がいるのに押しのけて、女房におさまった小田原後家富子。

亡き夫の形見ともいえる、のちに「津軽屏風」といわれるようになった屏風を嫁入り道具のひと

つにして輿入れした満天姫。

それぞれに事情はあるのでしょうが、結果として再婚しているのです。

家康の生母・於大もそんな一人で、再婚を拒否し、生涯を独身でとおした女性のほうがむしろ珍

しいのです。

そんな時代だったというのに、於長は長重への愛を貫き通しているのです。

夫の死を死ぬまで弔い続けるため、髪を切り仏門に入って、安昌院と名乗っています。

細川家は関ケ原の論功行賞として豊前一国と豊後2郡39万石を与えられ、とりあえず豊前中津

を主城とする。

於長はその中津で、関ケ原の戦いから3年後の慶長8年9月に死去した。

25歳という若さでした。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


pig 20170630





                 <参考文献:戦国女人抄おんなのみち(佐藤雅美著)>

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ