「謂れのない汚名を後世に晒した悲劇の女・千姫」 その10

『伏見城で入輿の準備』

千姫が生まれた伏見城は、関ケ原の戦いの前に西軍から攻められて焼け落ちた。

それから3年、家康は伏見城を修復し、他にも京の二条に城を建て、上方では二条城と伏見城の

2城を本拠にし、引き続き上方にいた家康は、7月3日に伏見城から二条城に移り、大坂の尼孝

蔵主をはじめとする女房たちを招いて、8日に猿楽を催している。

伏見城(伏見城登城記は「こちら」です。)
fu.伏見城(模擬天守)

これは千姫を入輿させる前祝のような催しで、このことからも家康は千姫の入輿を心から祝福し

ていたと思われます。

いずれそのうち、秀頼と淀殿の息の根を止めてやるなどと思っていたのなら、このように上方に

長期に滞在などしていず、さっさと本拠の駿府に戻り、千姫の入輿はいたって冷淡な態度をとっ

ていた筈です。

千姫と母・お江はそんな、家康がことのほか気を遣っている上方へ到着し、伏見に入った。

「ここであなたは生まれたのよ」

と、お江は言って聞かせたのでしょうが、もとより千姫には記憶があるはずもなく、伏見城に入

るとその日から、お江と千姫は入輿の支度に追われた。

家康が二条城から伏見城に戻ったのは7月15日。

入輿まであと13日。

お江と千姫が支度に追われている様子を見て、家康は口を出して世話をやいたことでしょう。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20170721.jpg




                   <参考文献:戦国女人抄おんなのみち(佐藤雅美著)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ