『女城主・井伊直虎』 その27

『信玄と家康の密約』

永禄3年(1560年)6月の桶狭間で今川義元が織田信長に敗死し、今川領国では三河で松平

元康が独立するなど動揺が見られていた。

武田信玄(1521-1573年)
ta.武田信玄 002

信玄は義元討死の後に今川との同盟維持を確認しているが、この頃には領国を接する岐阜におい

ても信長が斎藤氏の内訌に介入して抗争しており、信長は斎藤氏との対抗上武田との関係改善を

模索し、こうした経緯から諏訪勝頼正室に信長養女が迎えられている。

川中島合戦・桶狭間合戦を契機とした対外情勢の変化に伴い武田と今川の同盟関係には緊張が生

じ、永禄10年(1567年)10月には武田家において嫡男義信が廃嫡される事件が発生する。

信玄は駿河侵攻にあたって、相模の北条氏康・北条氏政父子に今川領の分割を提案していた。

しかし、氏政の生母で氏康の正室である瑞渓院は氏真の祖父母でもある今川氏親と寿桂尼の娘で

あったことから、氏政は拒絶。

このため信玄は徳川家康と今川領分割の密約を結び、大井川を境にして東部を武田氏が、西部を

徳川氏がそれぞれ攻め取ることにしたという。

12月6日、信玄は1万2000の軍勢を率いて駿河侵攻を開始した。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20170722.jpg



                <参考文献:女城主・井伊直虎(楠戸義昭著)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは
勝頼は諏訪を名乗っていたんですね。高遠城にはゆかりがあるので興味深く読ませていただきました

sukunahikona さま

sukunahikona さん、こんにちは

勝頼は信玄の庶子で生まれ、諏訪氏を継いで高遠城主だったのですよね。

義信が廃嫡された後、継嗣となり信玄の死により家督を相続していますが、
最後がチョットかわいそうでしたね。
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ