『女城主・井伊直虎』 その29

『虎松が家康の家臣になるまで』

永禄4年(1561年)2月19日、今川氏の家臣である井伊直親の嫡男として、遠江国井伊谷近

くの祝田で生まれる。

母は奥山朝利の娘・おひよ、幼名は虎松

虎松(井伊直正 1561-1602年)*大河ドラマより
to.虎松

父の直親は、虎松が生まれた翌年の永禄5年(1562年)、謀反の嫌疑を受けて今川氏真

に誅殺された。

当時、虎松はわずか2歳であったため、井伊直盛の娘・次郎法師が井伊直虎と名乗り、井伊氏

の当主となった。

虎松も今川氏に命を狙われたが、新野親矩が助命嘆願して、親矩のもとで生母・おひよと共

に暮らす。

しかし永禄7年(1564年)、親矩が討死し、そのまま親矩の妻のもとで育てられたとも、

親矩の妹で直盛の未亡人・祐椿尼とおひよが養育したともいうが、永禄11年(1568年)、

甲斐国の武田氏が今川氏を攻めようとした際、井伊家家老の小野但馬が今川氏からの命令と

して、虎松を亡き者にして小野が井伊谷の軍勢を率いて出兵しようとしたため、虎松を出家

させることにして浄土寺、さらに三河国の鳳来寺に入れた。

天正2年(1574年)、虎松が父・直親の13回忌のために龍潭寺に来た時、祐椿尼、直虎、

おひよ、龍潭寺住職・南渓瑞聞が相談し、徳川家康に仕えさせようとする。

まずは虎松を鳳来寺に帰さないために、おひよが徳川氏家臣の松下源太郎(清景)に再嫁し、

虎松を松下氏の養子にしたという(『井伊家伝記』)。

天正3年(1575年)、家康に見出され、井伊氏に復することを許された虎松は、名を井

伊万千代と改める。

さらに旧領である井伊谷の領有を認められ、家康の小姓として取り立てられた。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



pig 20170805
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ