「謂れのない汚名を後世に晒した悲劇の女・千姫」 その23

『千姫救出』

坂崎直盛は茶臼山に着いた。

家康に直接面会して、千姫を引き渡すほどの大名でない。

家康の謀臣であり、知恵袋だった本多正信に会って、しかじかと語り、正信に千姫を引き渡した。

正信は千姫を家康のもとに伴った。

茶臼山
ch.茶臼山

家康は千姫の無事な姿を見て、瞼にうっすら涙を浮かべ、いたわるように言った。

「そうか。よくぞ、無事に戻ってまいった。よかった、よかった」

家康はつづけて侍女の刑部卿局に聞いた。

「どうやって逃げてきたのか」

「かようかようです」

刑部卿局は答え、家康はいった。

「されば坂崎出羽守と堀内主水(氏久)なる者に会おう」

2人は家康の御前まで進んでひざまずいた。

家康はいう。

「大儀であった。礼をいう」

2人は声をそろえた。

「かたじけのうございます」

それだけのことだったのだが、坂崎直盛は千姫を助け出したのだから、自分が千姫をいただける

ものと思い込んだ。

以上が直盛による千姫救出の真相だと思いますが、家康との対面のとき、こんなことがあったとい

われますが、これは次回に。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20170820.jpg



                    <参考文献:戦国女人抄おんなのみち(佐藤雅美著)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ