「謂れのない汚名を後世に晒した悲劇の女・千姫」 その24

『本当のところは』

家康は千姫が助かったことに深く感動して、直盛にいった。

「かたじけない。もともとない命だった。姫をそなたに与えよう」

千姫19歳。直盛は50過ぎの色黒のむくつけき男。

それに宇喜多家の内訌のいきさつや、直盛の性格などを家康はよく知っている。

いくら感動したからといって、そんなそそっかしいことを言うわけないのでしょうが、家康は

そう言ったのだという。

徳川家康(1543-1616年)
to.家康 駿府城

いま一つもあります。

このとき直盛は家康に言った。

「千姫を救い出した者に恩賞として姫をとらせるとおっしゃたそうでございますが、たしかに

さようでございますか」

「うむ、さよう申した」

「しからば、千姫をわたしめにいただけるのでございますね」

「う~ん」

と、うなって家康は言った。

「約束だ。つかわす」

この説も苦しいです。理由は同じです。

かりに直盛が家康にそう尋ねたとしても家康は返事を濁したはずです。

風聞を聞いた直盛が本気にして、そのあと偶然に千姫を助けたものだから、自分が千姫を貰

えるものと思い込んだ・・・・・というのが真相なのでしょう。

家康が千姫を救い出した坂崎直盛に感謝したのは確かで、戦後の論功行賞で新たに5百石を

加増しています。

同じく、大野長治から護衛につけられた堀内主水は大坂方だったのにもかかわらず、家康は

幕臣に取り立て、下総で5百石の采地を与えています。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20170822.jpg



                    <参考文献:戦国女人抄おんなのみち(佐藤雅美著)>

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ