「謂れのない汚名を後世に晒した悲劇の女・千姫」 その32

『津和野城主・坂崎直盛』

江戸時代の初期、江戸のどこに誰が住んでいたのかの確認は難しいといわれるが、津和野城主・

坂崎直盛の屋敷は神田の柳原にあり、周囲は大名や旗本の屋敷になっていたという。

江戸の中期から後期にかけても柳原の一部は大名や旗本屋敷になっていたのですから、そこに

住んでいても不思議ではない。

津和野城(津和野城登城記は「こちら」です。)
tu.津和野城 004

行列を襲撃するのは武器弾薬などをそれなりに必要とし、無ければ補充したり新しく買い整え

なければならない。

直盛の屋敷はそれらに追われて、上を下への大騒ぎとなり、近くに住む大名や旗本は何事かと

思った。

坂崎直盛の屋敷はただならぬ様子でありますと公儀に通報もした。

4万石の江戸の上屋敷というと家来が100人くらいは常駐していたのでしょう。

それらの家来は直盛が主家を離れて家康に拾ってもらうことになった時も、黙々と従った家臣

たちです。

苦節数年、関ケ原で勝って直盛は3万石の大名となり、その後また大坂夏の陣があって4万石

と禄高を増やしたのです。

それで自分たちもそれぞれ禄高を増やしてもらった。

よかった。殿(直盛)についてきた甲斐があった。

家来はみんなそう喜んでいた。

なのに、なにを血迷ったのか殿は、こともあろうに行列を襲って千姫を奪い、刺し違えて死ぬ

のだというのです。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


pig 20170903


            <参考文献:戦国女人抄おんなのみち(佐藤雅美著)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは!

お城とも戦国ともウサギちゃんとも関係のないお話で申し訳ないのですが
今朝、Smartを見たので嬉しくなり・・・(笑)
私の見たのは色は白で、他県ナンバーでした。
Smartを実際に目の前で見て、思わず「ちっさ!」って声が出ちゃったe-351
そして、やはりとても可愛かったです。
どうせなら赤が見たかったな~。

雨スピ さま

雨スピさん、こんにちは。

コメントありがとうございます!

スマートに興味を持っていただきありがとうございます(^_^)/
千葉でもスマートを見かけるのはまれで、先日、黒のスマートを
みました。

現在、スマートが多く生息しているのは横浜のようで、スマート
関するショップも多いようです。

チョット強引にスマート画像をアップしておきました(^_-) 
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ