「謂れのない汚名を後世に晒した悲劇の女・千姫」 その39

『鹿の子の振袖で』

俗謡にこんな歌があります。

吉田通れば二階から招く

 しかも鹿の子の振袖で

千姫(1597-1666年)
se.千姫(肖像画)

「しかも鹿の子の振袖で」というのは、姥桜のくせに、若い娘が着る着物を恥ずかしげもなく

着てという意味で、そんな格好して二階から招くのは実は千姫なのである。

千姫は江戸に戻ると吉田御殿に住まったある夜、一人の町人が酔った浪人に追われて御殿に逃

げ込んだ。

千姫は侍女たちがその町人と楽しげに語らっているのを見て、おらの傍らに近づけ、夜な夜な

寵愛し、揚げ句、飽きて、その町人を殺した。

それに味をしめ、千姫は同じように次から次へと男を御殿に誘い、寵愛しては殺した。

千姫は淫乱な女だった。

いつの時代からか、こんな奇怪な伝説が生まれ、戦前には浪花節の題材にまでなったという。

なぜ、千姫にそんな伝説が生まれたのでしょうか。

いうまでもなく、坂崎直盛の騒動の時、千姫は思いもよらぬ印象を世間に与えてしまい、その

ことが世人の脳裡に残っていたからなのでしょう。

千姫は秀頼の崇りを恐れたといいますが、意外なことに直盛が崇って、なにも悪いことをして

いないのに後世にまがまがしい汚名を晒すことになってしまった。

千姫は、坂崎直盛とは関わりがなく、まったく謂れのない汚名を後世に晒した悲劇の女なので

しょう。

もっとも千姫のことも、吉田御殿のことも知る人も少ないのでしょうけど・・・。

せめて、姫路城に行かれた際は、千姫のことを思い出してあげてください。


ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20170911.jpg


              <参考文献:戦国女人抄おんなのみち(佐藤雅美著)>

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

たいさ さま

たいささん、こんにちは。

中津なのかな?

しっかりと看病してあげてくださいね。

早く安定されることを願っています。
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ