FC2ブログ

『女城主・井伊直虎』 その62

『井伊家の居城・彦根城』

佐和山城に入った直政は、三成の居城であった佐和山城の居心地が悪くて仕方なかったので、

城の移転を決めた。

この間、病状は進み、慶長6年の暮れ、有馬温泉に湯治に出かけたが思わしくなく、佐和山

に帰って、慶長7年(1602年)2月1日、家康が征夷大将軍になるのを見ることなく、

42歳でこの世を去った。

まだやりたいことが沢山あり、さぞ無念であったでしょう。

彦根城(彦根城登城記は「こちら」です。)
hi.彦根城 20121118 007

家督は嫡子・直継が13歳で継承した。

重臣たちは直政の遺志を守って家康に新城の建設を具申する。

家康は直政の死は三成の祟りだと地元の人々が騒いでいることを耳にしていた。

城は太古の昔、活津彦根命が鎮座したとされることから地名になった、彦根山に築かれること

になった。
家康は周辺7ヵ国の12大名に命じて天下普請とし、慶長8年(1603年)に起工した。

翌年春、井伊家は普請半ばの彦根城に佐和山城から移り住んだ。

そして家康は直政が三成密封するため、5層天守のあった佐和山城の頂上を、6mも削って平

らにし、佐和山への立ち入りを禁止させた。

以後、井伊家は120年間に渡り、禁止令を解かなかった。

直政の歌があります。

「祈るぞよ 子の子の末の末までも 護れ近江の国つ神々」

直政は志半ばで死んだが、願いは通じた。

直虎の苦闘を根っこにして、直政は大輪の花を咲かせた。

病弱な直継と後退した異母弟・直孝が、さらに井伊家を盤石なものにする。

最大で35万石、大老を出すことのできる譜代筆頭として、江戸時代、井伊家は徳川を支える

主柱であり続けたのです。


直虎の史実情報が少なすぎたので、万千代に拡大してお付き合い頂きました。

来年の大河ドラマは西郷ドンですが、戦国時代から大きく外れてしまいますので、どうしようか

迷っています。


おんな城主・井伊直虎にお付き合い頂き、ありがとうございました。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20171228.jpg



                   <参考文献:女城主・井伊直虎(楠戸義昭著)>
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

piglet01さんへ

今年もお世話になりました。
よいお年をお迎えください。

たっつん さま

たっつんさん、こんにちは。

こちらこそお世話になりました。

ゆめ多き、新年をお迎えください!
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム