FC2ブログ

家康の過酷な命を受けた千世姫 その33「最終回」

『千世と忠隆の別れ』

2人は祖父母の居候となり、肩身の狭い思いをして暮らし始めた。

やがて男の子が生まれた。

だが、哀れにもその子は5歳で亡くなった。

それがきっかけであるかのように、2人の間には透き間風が吹き始めた。

仕官することができぬ牢人者の夫に千世が愛想をつかしたということもあった。

千世姫の実家「金沢城」(金沢城登城記は「こちら」です。)
金沢城

千世は

「国へ帰らしていただきます」

といって、加賀に帰っていった。

細川家は長寿の家系で、幽斎は77歳まで生きた。

三斎と号した忠興も83歳まで生きた。忠興の跡を襲った忠利(三千代)は56歳と幽斎や忠興

に比べるとやや短命だったが、忠隆もまた長生きした。

さすがにそんな忠隆を哀れと思ったか、忠利が他界したと思えるころ、忠興は許して忠隆に、忠

利の跡を継いだ光尚名義で3千石の捨て扶持を与えた。

4年後の正保2年(1645年)に忠興は逝去した。

さらにその翌3年に忠隆は病に伏した。

光尚は参勤年で、江戸への途中、京に立ち寄り、哀れな伯父を病床に見舞った。

忠隆は京に住むようになって娘3人と倅2人を設け、養女も育てていた。

3千石は彼らに遣わし、倅どもは、あらたな細川家の領地である肥後の熊本に呼び寄せて貰いた

いと、甥にあたる光尚にたのんだ。

光尚は快く了解し、忠隆は67歳で生涯を終えた。

一方、加賀に戻った千世は、前田加賀八家のひとつで芳春院の信頼が深い村井長頼の子・長次に

再嫁し、長次との間に子はなかったものの、村井家石高は16,500石余で経済的には恵まれていた

と思われる。

千世は1641年金沢で、62歳で他界したという。

なお、細川家と前田家との縁者振りは元禄期にようやく復活したという。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20180112.jpg


              <参考文献:戦国女人抄おんなのみち(佐藤雅美著)>
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム