FC2ブログ

「三方ヶ原の戦い」 その15

『お手上げの家康』

一時、犬居にくつろいだ信玄は、ここで兵力を二分し、12日に一部に磐田郡只来を占領させ、

そこから二俣に向かわせた。

武田信玄
ta.武田信玄 002

信玄自身は、主力を率いて周智郡の天方、一宮、飯田の諸城を攻め落とし、さらに南進して向

笠、各輪も落とし、久能城を攻めようとしたが、城主・久能宗能がよく守って、容易に落ちそ

うにもないと見て、そのまま引き揚げ、木原、西島、袋井などに分宿して、次の攻撃に備えた。

一方、武田軍の侵入の報を耳にした徳川家康は、みずから3千の兵を率いて、この目で武田軍

の戦闘ぶりを確かめようと考え、浜松城を出馬し、10月13日、大久保忠世・本多忠勝・内藤

信成らを偵察隊として、東海道の見附に派遣した。

ところが、思いのほか武田軍の行動がすばやく、徳川勢はたちまち発見された。

逃げようとすると、武田軍は先回りして、近道を抜け、見附の西側の一言坂で、家康の本隊とぶ

つかり背面に廻って、退路を遮断しようとした。

『譜牒余禄』によると、これを見た家康は、取り巻く武田軍に対して反撃しようとして勇み立っ

たが、本多忠勝、内藤信成らが、それを制止し

「ここで戦っては、お味方に死者を出すだけ、まあ、ここは、ひとまず退却なされて、織田殿の

援軍を待って、一挙に甲州勢を斬り立てるのが、上策と存じます」

と意見したので、家康も、しぶしぶこれに従ったという。

このとき殿軍を承り、攻め寄る武田軍を食い止め、無事に家康を逃げさせたのが、徳川にこの人

ありとうたわれた、本多忠勝であった。


ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


眩しいですよ!

robin 20180424



                 <参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム