FC2ブログ

「三方ヶ原の戦い」 その17

『二俣城を包囲』

危機を脱して浜松城に逃げ帰った家康だったが、武田軍の攻撃は、なおも激しく見附の台から

北に向かい、馬場信春は天竜川の左岸に陣して浜松方面を警戒し、信玄が率いる主力は天竜川

上流の磐田郡野辺付近を移動しており、武田勝頼・武田信豊・穴山梅雪などの一隊は、二俣城

を囲もうとしていた。

武田勝頼(1546-1584年)
ta.武田勝頼公

二俣城は天竜市二俣町のはずれの大地にあり、西を天竜川、東を二俣川に囲まれて、自然の

濠を形づくり、なかなかの要害堅固の城であった。

天正7年、家康の長子・信康が、父から自刃を命ぜられたのは、この城であった。

この城は、もともとは今川氏の属城であったが、永禄11年に家康が遠江に侵入して以来、徳

川氏の手に帰し、遠江北部の山間地帯と浜松を結ぶ、交通上の重要な地位を占めていた。

家康も、信玄が浜松城を攻めるにあたって、先ずこの二俣城を狙うに相違ないと、この城の存

在を重視し、中根正照を主将に松平康安と青木貞治を副将として備えさせ、家康自身も手兵を

率いて浜松から馳せつけたのです。

しかし、武田軍の布陣を見ると、うかつには知づけなかった。

というのは、この時すでに、二俣城の周りには武田勝頼らの一隊だけでなく、先発隊として甲

斐を出た山県昌景が率いる軍勢が、三河侵略を終え、本隊と合流していたのです。

せっかく馳せつけた家康も、これでは引き返すより他はなかった。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20180425


                     <参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

最近はほかの用事が多くて、ポチ逃げですいません。

戦国時代、栄枯盛衰、悲しいけれど、歴史は真実の物語。

これからも、ますます楽しみにしています。

≧▽≦)/ポチ☆彡全部

雫 さま

雫さん、こんにちは。

いつもありがとうございます!

歴史は史実が少ないので、史書の選択が難しいですね。
小説は大河ドラマみたいな小説も少なくありませんので、
何を楽しむのか、決める必要がありますネ^^
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム