FC2ブログ

「鳥取城の戦い」 その4

『天下を望んではならない』

信長が安土に移った頃、吉川元春は信長・秀吉に新年の祝賀を述べ、信長はこれに答え、秀吉

もまた返事を書いた。

「山鹿(山中鹿介)は援助しないということである。したがって、因幡の国はご存分にまかせ

て、攻められたがよろしかろう」

ですが、事実は違います。

山中鹿介(1545-1578年)
ya.山中鹿介 002

鹿介らは信長の援助のもとに、尼子勝久を擁して但馬から因幡に入り、尼子家再興戦を演じて

いたのです。

織田と毛利との、さりげない虚々実々の外交戦というべきなのでしょう。

また、将軍職カムバックに異常な熱意を示した流浪の足利義昭は、天正4年になって、毛利分

国の表玄関、備後(広島県)の鞆(とも・福山市)に姿を現した。

かつて、毛利の使僧・安国寺恵瓊が

「さてこの上にて、自然西国などへ御下向候ては、御一大事たるべく候」

と、いいきって、義昭に毛利領国にやって来られては困ると、拒否したことなどおかまいなか

った。

こうなると、織田・毛利間の火薬庫に火がつけられたのも同然です。

毛利には元就の

「子孫たるもの、天下を望んではならない」

という遺訓があったので、天下の政権をうかがう野心はなかった。

しかし、いま足利義昭の求めに応じると、いやでも天下を争う立場におかれ、信長との激突は

必至だ。

これは毛利の運命にかかわる重大問題であったのです。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20180629




                  <参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ