「鳥取城の戦い」 その11

『三木の干殺し』

秀吉は、美嚢川を隔てた平井山に本陣を置いて、籠城する別所の自滅を待った。

別所は密使を毛利のもとへ送り、来援を乞うたが、加古川河口の高砂城を失ったいまは、水路

を利用しての援来も期待できず、城内の糧米は日に日に乏しくなっていった。

羽柴軍の平井山本陣(平井山本陣と半兵衛さんのお墓参り「こちら」です。)
mi.三木城 105

翌天正7年2月5日、三木城内で軍議が開かれ、平井山の秀吉の本陣を壊滅して一挙に雌雄を

決しようとし、翌6日、2500余りの将兵が城を打って出た。

しかし、この作戦も別所軍の惨敗に終わった。

こうして6月になった。

秀吉の陣営では、病の身をおして参陣していた軍師・竹中半兵衛が死んだ。

時に35歳とも、36歳であったともいう。

三木の急を知った毛利は、幾度か兵糧を搬入しようとし、一度は成功したが、羽柴軍の陣立て

に失敗を重ねた。

天正7年9月に入ると、毛利は8千の軍夫を動員して大規模な兵糧輸送作戦を企て、三木城の

近くまで接近したが、平田の営を守る谷大膳亮にはばまれた。

この戦いで大膳は戦死したが、毛利もまた羽柴軍に追撃され、撫で切り討ち捨て、数を知らざる

状態であったという。

三木城の別所勢は兵糧の補給を完全に断たれ、草の根や木の皮はもちろんのこと、大切な軍

馬を殺して飢えをしのいだが、ついには絶食を余儀なくされに至った。

こうなっては戦う気力もなく、餓死か開城かの状態で、籠城2年目に入った。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20180711




                     <参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ