FC2ブログ

本能寺の変 その1

『家康の接待役は光秀』

光秀が謀反を起こした理由については、定説が存在せず、「日本史の謎」、「永遠のミステリー」

などと呼ばれ、様々な人々が多種多様な説を発表しています。

この日本史の謎、永遠のミステリーについて勉強してみたいと思います。

織田信長(1534-1582年)
od.織田信長

目の前に立ちふさがっていた、大坂の石山本願寺の勢力が、織田信長に駆逐されたのは、天正8

年(1580年)のことであった。

そして翌々天正10年3月、信長が甲斐の武田勝頼を滅ぼし、近畿・北陸・東山・山陰・山陽諸

道に、30ヵ国の所領を手に入れたとき、彼の全国制覇は、誰の目から見ても、疑いのないもの

となった。

東海道の徳川家康、東山道の滝川一益、北陸道の柴田勝家、山陰・山陽両道の羽柴秀吉、南海道

の丹羽長秀、近畿の明智光秀という顔ぶれで、信長の意思は着々と実を結ぼうとしていた。

その頃、天正10年5月15日に徳川家康と武田家の一族・穴山信君(梅雪)が、信長の本拠安

土城にやってきた。

家康は甲州征伐の後、駿河一国を与えられた謝礼のため、信君は本領安堵を謝するためであった。

この接待役は、前日、軍事から解放され休暇を与えられていた明智光秀が仰せつかった。

信長の有力部将が諸道へ出陣している今、饗応役が光秀にまわってくるのは、当然のことであった。

それに光秀は公家と交わり、足利儀昭に仕えたこともあって、礼法に明るかったし、饗応接待は光

秀が一番適役であったのでしょう。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20180907



                      <参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

饗応接待は光秀が一番適役

>信長の有力部将が諸道へ出陣している今、饗応役が光秀にまわってくるのは、当然のことであった。それに光秀は公家と交わり、足利儀昭に仕えたこともあって、礼法に明るかったし、饗応接待は光秀が一番適役であったのでしょう。

〇なるほど
 光秀が接待役をさせられたことに腹を立て、本能寺の変を起こしたという説がありますが、むしろ、名誉なことだったのですね。
 いつもながら、続報が楽しみです。
 草々

レインボー さま

レインボーさん、こんにちは

いつもありがとうございます。
本能寺の変は、起きたことは史実なのでしょうけど、その背景や
結果がわからないので、まさに歴史を楽しむ題材ではないので
しょうか。

人気者の信長様ですから、興味つきないところですね。
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ