FC2ブログ

本能寺の変 その4

『丹波国への思い入れ』

明智光秀は美濃源氏土岐氏の庶流といわれます。

諸国を流浪した後、信長に仕え、公家や足利義昭らの間にあって、外交の手腕を発揮し、大い

に用いられていた。

丹波国亀山城(昭和5年)
ka.亀山城 明治5年

この光秀が、いま軍事権を奪われた丹波国は、彼が武将として活躍した主要舞台で、天正3年

から天正7年(1575年)までの5ヵ年間、全国に出陣、転戦の合間をぬって攻略した思い

出の所領であったのです。

天正7年6月、丹波一の堅城といわれた八上城の波多野兄弟3人を調略で召捕り、8月、赤井

忠家が死守する黒井城を陥落させ、丹波一円討平を信長に報告すると、信長は

「永々丹波に在国候て粉骨、度々の高名名誉も比類なし」

との感状を与え、誉めた。

また、翌天正8年8月、信長は当時、近畿の大将的地位にあった佐久間信盛・信栄父子が、本

願寺攻略に積極的でなかったことを咎め、紀伊高野山へ追放した時の折檻状のなかで

「丹波国での日向守光秀の働きは、天下の面目をほどこした」

と述べている。

このように、光秀にとっては、忘れようにも忘れ得ない丹波国であったのです。

この丹波国で軍事権が発動できなければ、これから後、光秀はどうなるのか。

仮に出雲・石見両国をもらうにしても、それは毛利との決戦に勝ってからのことです。もし負け

たらどうなる。

たとえ勝ったにしても、遠い山陰に赴くことは、都慣れした光秀にとっては、耐えられないもの

であったでしょう。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



robin 20180910


                   <参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ