FC2ブログ

本能寺の変 その6

『連歌会で謀反を詠んだ?』

連歌会での発句から第三句までは有名です。

時は今あめが下しる五月かな  光秀

水上まさる庭の夏山  西ノ坊

花落つる流れの末をせきとめて  紹巴

愛宕神社
at.愛宕神社

百韻を終り愛宕の神前に、これを納めた。戦勝祈願の連歌か、呪詛の連歌か。

光秀は打倒信長の決意をそれとなく表明して、連歌一巻のできばえを見守っていたのでしょう。

紹巴は光秀の発句に含まれる尋常ならざらるものに驚き、

「ご勿体なし、雨が下なる、とあそばれては如何」

といったという。

それは、句のなかの『時』は、明智の本姓・土岐に通じ、『あめが下しる』は『天が下知る』で

信長に代わって、天下を治める意になるからです。

しかし、光秀とあろうものが、発句に天下を取る考えを詠むのでしょうか。

なんとも理解しがたいところです。

光秀は、そんなバカ者でないので、今後の成り行きを占うためには、決意を語る必要があったと

いうべきなのでしょうか。

また、この連歌会の席上で、光秀はなにげなく「本能寺の濠は深きか」と尋ねたところ、紹巴が

「あら、もったいなや」とたしなめたという。

しかし、光秀が本能寺の濠の深さを聞く必要がどこにあるでしょう。

私たちは、光秀がいつから信長への謀反を脳裡に描いたかを知りたいし、苦悶の度合いを量りた

いのです。

この他にも光秀の迷いの心を説明する程度のものが、多く伝えられています。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20180912




                     <参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ