FC2ブログ

賤ヶ岳の戦い その3

『清須会議の結末』

信孝にせよ。信雄にせよ、彼らはすでに青年期に達している。そんな者を改めて主君に奉った

のでは、あとが厄介だ。

清洲城
ki.清洲城 002

秀吉は、いつまでたっても天下をわが物にすることは出来ない。

前途は真っ暗だ。なんの目算も立たなくなる。

天下取りの大バクチを打った甲斐がないのです。

そうなるよりは、彼らを除外して、三法師を立てた方がよい。

赤ん坊の三法師ならば、いくらでも騙しがきく。

これを織田家二世として担ぐほうが、ずっと荷が軽い。

九条家出身の赤ん坊将軍を抱えて源氏の天下をかすめ取った鎌倉幕府の執権・北条義時の前例

にならったかどうかは、明らかでないが、秀吉の謀略は巧妙を極めていたのです。

秀吉のカラクリを見抜いた柴田勝家は、極力、三法師の家督相続に反対したが、亡君のとむら

い合戦をやって退けた秀吉の人気には、敵すべくもなかった。

清会議の結果は、3歳の幼児である三法師を信長の後嗣と決定し、勝家・秀吉・長秀・恒興の

四家老が、これを守り立てることとし、信雄と信孝の承認を得て、安土付近の近江国坂田郡の

うち2万5千石を織田家の蔵入領と定め、堀秀政を代官とした。

また京都の政治については、四家老が、それぞれ代表の奉行人を派遣し、かれらの合議によっ

て庶務を裁決することとなったのです。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20181116



                       <参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ