FC2ブログ

九州平定 その19

『戦をすれば商人が潤う』

秀吉自身が大軍を率いて九州遠征を決行するとなると、大軍の輸送のほか大量の武器・兵糧の

調達と輸送とが必要である。

このために当時、海上輸送貿易に慣れ、国内の商品の生産と流通を支配していた堺・博多の商

人の力を借りることが絶対に必要となる。

島井宗室(1539-1615年)
si.島井宗室

また全国統一事業を進めつつある秀吉に対して、これら商人の側からも進んで近づこうとして

いたという。

戦争による武器・兵糧の売り込みはもちろん、輸送によって莫大な利益を獲得することができ

るし、ことに勝者の側についておれば西国平定によって市場の拡大が予想されるし、さらに大

陸貿易へも新しい展開が期待できるのです。

そうした堺商人の代弁者として秀吉の側近に仕えたいたのが千利休であった。

利休は博多の豪商・島井宗室とも親交があったので、また博多商人との仲介役であったようで

す。

その証拠として、天正11年6月、利休はわざわざ島井宗室に書簡を送って、秀吉が宗室に会

見する希望を持っていることを伝えています。

秀吉は境の商人を通じ、博多商人とも深い関係を結びつつあったのです。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20190525.jpg



<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム