FC2ブログ

小田原平定 その14

『名胡桃城』

天正17年(1589年)の春、秀吉によって決裁された沼田城の帰属問題の現地における詳

細は、次のようなものであった。

一、 北条氏領は、利根郡では、利根川の東岸全部と西岸の小川城以南。吾妻郡では、真田領1

 /3以外の全部。沼田城は北条氏の属城とすること。

一、 真田氏領は、利根郡では、利根川西岸の小川城以北。吾妻郡では、岩櫃を中心とした郡内

 の1/3、名胡桃城は真田氏の属城とすること。

名胡桃城 (名胡桃城登城記は「こちら」です。)
na.名胡桃城 013

この決裁によって、鉢形城主・北条氏邦は、沼田城の管理を命ぜられ、部将・猪範直を沼田城

の城代として派遣した。

真田昌幸は、名胡桃城の本丸には鈴木主水を、二ノ丸には中山九郎兵衛を派遣して守らせてい

た。

沼田城に入った猪俣範直は、この対岸の名胡桃城が、どうにも目障りでならない。

彼は10月に入ると、後に大事件を引き起こすとも知らずに謀略を使って、この名胡桃城を奪

い取ってしまった。

真田の城代・鈴木主水は、その不明を恥じて自刃した。

猪俣範直の名胡桃城奪取の報告は、真田昌幸をへて、10月29日、京都の秀吉のもとに届け

られた。

秀吉は、北条氏がこの年の春の決裁を破棄して、名胡桃城を奪取したことに対して激怒した。

秀吉は11月上旬、大谷吉継を徳川家康のもとに派遣して、自分の決意を示した。

そして、11月24日付けで、5ヵ条からなる後北条氏への宣戦布告状を、北条氏直に与えて

これを諸侯にしめした。

こうして沼田・名胡桃の両城は、後北条氏の命取りの城となったのです。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20190712



<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ