FC2ブログ

厳島の戦い その25

『陶晴賢の終焉』

逃げる陶晴賢を追うのは、小早川隆景で、三浦清房らに反撃されて、3ヵ所に傷を受けたとい

う。

小早川隆景(1533-1597年)
ko.小早川隆景

大和興武もたびたび反撃したが、生け捕られてしまった。

この間に晴賢は、大江浦に辿りついた。

しかし、そこにも兵船の影を見ることはできなかった。

さらに晴賢は、房清に、東岸の青海苔浦をさぐらせたが、やはり船はなかった。

房清はこの地で、吉川元春配下の勇将・二宮俊実と戦い、壮烈な最期をとげた。

房清戦死の悲報を聞いて、晴賢は天命を悟ったという。

わずかに残った主従は、水盃を酌み交わし、晴賢は世辞の一首を詠んだ。

『何を惜しみ何を恨みん元よりもこの有様の定まれる身に』

そして、伊香賀房明の介錯で自刃し、35年の全生涯を厳島高安原に終わった。

晴賢の辞世の歌は後人の偽作でしょうし、自害の場所も、諸書に異同があり、はっきりしませ

ん。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20191116



<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ