FC2ブログ

月山富田城の戦い その13

『月山富田城の開城』

永禄9年(1566年)11月28日、富田城は開城した。

尼子経久が文明18年、富田城を切り取ってから、ここに80年、山陰・山陽の雄拠月山は、

毛利の手に落ちた。

永禄5年、元就が洗合に陣してから満4年、尼子氏はよく戦ったが、元就もよく待ったもので

す。

毛利元就(1497-1571年)
mo.毛利元就 001

厳島の合戦に、電光石火の行動を見せた元就は、この度は悠々閑々、自信たっぷりの戦いを演

じた。

作戦の妙というか、その幅の広さ、奥の深さが思われます。

月山富田城を下城した、義久・倫久・秀久の3兄弟は、杵築に送られた。

富田籠城の将兵・僧侶ら百数十名は、思い思いに散り、どこまでも、義久と行動を共にしよう

と願った立原久綱・山中鹿介以下49名の者も、杵築から先の同行は許されず、望みを将来に

かけて、東西南北の人となった。

今は捕らわれの身となって、安芸に送られる尼子の当主を、土地の人々はどんな気持ちで眺め

たのでしょう。

尼子氏に代わって、月山富田へ入城する天野隆重の姿や、山陰の総師として、出雲の経営にあ

たる吉川元春にも、戦国乱世の時勢の移り変わりを、いやが上にも汲み取ったことでしょう。



月山富田城の戦いにお付き合い戴きありがとうございました。

次回は、尼子家の再興のために山中鹿介らが戦った、上月城の戦いを勉強してみたいと思います。

よかったらお付き合いください。


ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20191204.jpg




<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム