FC2ブログ

上月城の戦い その11

『毛利氏の中国制覇』

毛利元就の「三本の矢」の話は有名ですが、これは怪しいのでしょう。

隆元・元春・隆景に、一致協力を説いたことは事実です。

吉田郡山城の毛利元就
mo.毛利元就 002

弘治3年(1557年)11月の教訓状の中で

「たびたび言いふるしたことだが、重ねて申す。3人の間で、少しでも仲違いするようなことが

あったなら、もはや三家の滅亡と覚悟されたい」

と述べている。

これが生きて働いたのでしょう。

尼子の滅亡は、ひとつには時代の勢いがあったのでしょう。

尼子経久が富田城を攻略した時から、元就が郡山城に勝った時までの間は、実に半世紀以上の

隔たりがあるのです。

経久と元就であるなら、おそらく決戦は行われなかったのでしょう。

これは経久が大内義興との、決定的な戦を避けたことからも、推定できます。

ともあれ、中国制覇をなしとげた毛利は、天下統一をめざす織田信長と開戦することになります。

元就亡き後の、毛利の両川も多忙を極めることになります。



上月城の戦いにお付き合いいただき、ありがとうございました。

次回の合戦は、九州制覇を狙う大友宗麟と薩摩国の島津義弘の耳川の戦いを勉強してみたいと

思います。

良かったらお付き合いください。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robinは、現在、去勢手術で静養中です。

元気になったら、記事にしたいと思っています。

robin 20191215



<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム