FC2ブログ

明智光秀 seasonⅡ その2

『不明な青年期』

さらに近江国出生説もあります。

江戸時代前期に刊行された『淡海温故録』の記述から、土岐氏に背いた光秀の祖先が土岐氏に背

いて六角氏を頼り、近江国犬上郡で生まれたというのです。

十兵衛屋敷跡(多賀町)
ak.明智光秀(十兵衛)屋敷跡

同郡の多賀町佐目(さめ)には「十兵衛屋敷跡」(十兵衛は光秀の異名)と呼ばれてきた場所が

ある。

岐阜県瑞浪市説や、後述する同県大垣市上石津町説を含めて、出生地とされる地域は6ヵ所も

あるといいます。

青年期の履歴は不明な点が多く、光秀は美濃国の守護・土岐氏の一族で、土岐氏に代わって美濃

の国主となった斎藤道三に仕えるも、弘治2年(1556年)、道三・義龍の親子の争い(長良

川の戦い)で道三方であったために義龍に明智城を攻められ、一族が離散したという。

その後、光秀は越前国の朝倉義景を頼り10年間仕えたともいわれます。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


昨日、天気がよかったので、庭で一緒に遊びました

robin 20200126




<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ