FC2ブログ

明智光秀 season2 その15

『新しい丹波計略』

光秀が丹波経営に専念することが出来るようになってから半年後の1573年5月4日に、光秀

を安土に呼びつけた信長は、新しい丹波の経略を発表した。

丹波長秀(1535-1585年)
ta.丹波長秀

その内容は

「光秀は山城口より、丹波長秀は摂津口より、羽柴秀長(秀吉の弟)は但馬口より、同時に丹波

に進撃し、一刻も早く切り平げよ!」

というものであった。

総見記(織田軍記:1685年頃)では、これは秀吉がかねて信長に献策していたものとしてい

る。

信長のこの新方策は、光秀にとって不信任状をつきつけられた思いがし、同時に信長の不機嫌を

思って恐怖にしたに違いないでしょう。

また、これが秀吉の献策だと知って、秀吉をうらめしくも思ったことでしょう。

こうして三面から競争の形で3人は丹波に入り功を奏したが、その働きには差があった。

羽柴長秀が第一等であった。

わずか20日の間に受持区域を片付けてしまったのです。

一番成績が悪かったのは光秀であった。

光秀は最も肝心の八坂城を抜けなかったのです。

光秀はあせらざるを得なかった。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20200802




<参考文献:武将列伝(海音寺潮五郎)>
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム