FC2ブログ

鉄砲の伝来 その25

『日本から中国へ』

先にも記事にしたように、練鉄銃の製法は、やがて日本から中国へ伝えられた。

これについては諸説があるようですが、いずれにしても、中国に渡った日本人によって伝えられ

たことは事実です。

日本式火縄銃
hi.火縄銃

明末の書物『全浙(ぜんせつ)兵制考』によれば、日本式鉄砲の製造法は、1556年に捕虜と

なった倭寇の頭目・幸五郎なるものによって伝えられたという。

他の書物では、8年前に1548年に捕らえられた者によって伝授されたという。

ともかく日本の製銃法が中国に伝わったのは、ポルトガル人が種子島に鉄砲を伝えてから10年

くらい後のことです。

ところが朝鮮の役では日本軍と戦火を交えるまで、40年もの歳月がたっていたのにもかかわら

ず、中国人や朝鮮人のおおかたは、日本式鉄砲の長所を見抜くことができずに、旧態依然たる原

始的手銃や、種子島銃の形だけ真似た鋳銅製の小銃をもち続けていた。

当然、精鋭な種子島銃を装備した日本軍の前に完膚なきまでたたきのめされたという。




ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20200820.jpg





<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~。

鉄砲を用いた戦いは
今までとは全然違って有利でしたね~。

下のお兄にお気遣いありがとーございました。
完全復活しまして、今日も小屋で作業していましたぁヾ(´▽`;)ゝ
piglet01さんもお気を付けくださいませ~。

ようニャン さま

ようニャンさん、こんにちは。

お子さん完全復活されて、よかったです!
ただ異常な暑さですので、十分に留意されてくださいね~。

最近、robinの散歩も懐中電灯を持って、夜ばかりになって
います^^
犬は夜が大好きなようなんですよ。
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム