FC2ブログ

鉄砲の伝来 その26

『日本の製鉄技術』

ところで、鉄砲の鍛冶技術がいかに優れていても、それだけでは優秀な銃は造れない。

良質の鉄材を用いなければならないのです。

鉄砲鍛冶の道具
te.鉄砲鍛冶の道具

先に紹介した、明人が書いた『日本一鑑』で、日本国産の鉄はもろくて鉄砲の材料には不向きな

ので、シャムや中国の福建から鉄を輸入していると言っている。

その後、その明人が日本を去って半世紀をへて来日した、平戸のイギリス商館長のリチャード・

コックスは、日本産の鉄はきわめて良質である、ほめちぎっているのです。

実際、その頃の日本は朱印船貿易によって鉄と銅は、台湾・フィリピン・トンキン・安南・交趾

支那・カンボジア・シャムなどの各地に輸出していたくらいなのです。

両者の評価は相反しますが、2人の証言のあいだには半世紀という年月が流れているのです。

その間に日本の製鉄技術が飛躍的に進歩したということでしょう。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



20200821.jpg



<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム