FC2ブログ

奥羽の群雄割拠 その8

『田村郡・石川郡・津軽地方の豪族』

田村氏は田村郡の開発領主で、坂上田村麻呂の子孫といい、田村荘司を称していた。

石川郡に住居した石川氏は石川有光を祖とする。

坂上田村麻呂(758ー811年)
sa.坂上田村麻呂

有光は源頼親の次男・頼遠の子で、康平5年(1062年)の奥州征伐に軍功があり、石川の地を

賜わり、源義家にかわって仙道7郡を治めたという。

一説に有光は摂津の人で物部有光といい、義家に属して前9年の役に従軍したという。

いずれにしても源氏に縁のある武士で、平安時代から石川地方に居住していたのです。

岩城氏は桓武平氏の流れで、常陸国香の末裔で、文治のころ岩城清隆、嫡男・師隆の名が見えます。

藤原秀衡の娘・徳子が岩城氏に嫁ぎ、出家して白水阿弥陀堂を建立している。

奥州藤原氏ともゆかりのある開発土豪であった。

安東氏は安部貞任の子孫と称し、津軽地方を領有していた。

のちに下国・上国の両流に分かれ、幾多の転変を経て、子孫は秋田氏を称した。


ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20201120




<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

piglet01さん、おはようございます。

またも漫画ですが..
政宗さまと景綱くんを丁度読んでて、
愛姫の輿入れで、田村家でてきて
あ~坂上田村麻呂か..古いっと
思ってたんですが、
岩城氏の常陸国香って、平将門と
敵対する平国香ですか?

三島の苔丸 さま

三島の苔丸さん、こんにちは。

詳しいですね~。
奥羽方面は分からなく、本当に勉強中です!

平国香と岩城氏について調べました。
少し長くなります。

岩城氏系図によれば、常陸・平国香の子孫安忠を祖とし、
その6代目にあたる隆行(成衡)が陸奥に下り、藤原清衡の
女婿となり、妻との間に五人の子供をもうけ、
長男の隆祐は楢葉郡に、次男隆衡(隆平)は岩城郡、三男隆久
は岩崎郡、四男隆義は標葉郡、五男隆行は行方郡をそれぞれ与え
られたそうです。
すなわち、隆行(成衡)の次男隆衡(隆平)が岩城氏の祖となり、
平安後期には岩城郡に本拠を構えて、一族を分立させながら村落
の開発を進め勢力を拡大してきたようです。

お陰様で勉強になりました。
ありがとうございます。
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム