FC2ブログ

明智光秀 season2 その21

『桂川を渡る』

京都盆地との境になっている老ノ坂を越えて沓掛の在所について、全軍休憩をとって食事をしている

時、光秀は勇士・天野源右護門を呼び出した。

桂川
ka.桂川

「汝は先発して行くよう。ひょっとして、味方の軍勢の中から駆け抜けて、本能寺に注進に走る者が

あるかも知れぬ故、そのような者があったら、討捨てにせい」

「かしこまる」

源右護門は手勢を引き連れて、馬を早めて先駆した。

源右護門が一議に及ばず合天しているところから、5人の老臣以外に源右護門には打ち明けていた

のか、それとも高級将校だけには老臣から耳打ちしていたのでしょう。

間もなく全軍また行軍にかかり、桂川についた。

軍令が下る。

「馬の沓(くつ)を切り捨てよ。徒歩の者は新しいわらじか新しい足半(あしなか)にはきかえよ。

鉄砲の者は火縄を1尺5寸(約50cm)に切って5本持ち、それぞれに火を点じて逆さまに下げよ」

これは合戦直前の指令です。

その辺に敵がいると聞いてはいないから、皆不審に思ったことでしょう。

桂川を渡って、また命令が下る。

「今日から殿様が天下様におなりになることになった。下々草履とり以下に至るまで勇みよろこべい。

侍どもは十分に働いてくれるよう頼むぞ。もし本人討死の節は、兄弟や子ある者は必ずそれに跡目を

立てさせて遣わす。しっかりと働けい。身を立つべき好機会であるぞ!」


ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20201128




<参考文献:武将列伝(海音寺潮五郎)>
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム