FC2ブログ

奥羽の群雄割拠 その42

『大崎氏と葛西氏の抗争 その1』

北上川の下流、広大な仙台平野に成長した戦国大名は、大崎氏と葛西氏であった。

大崎地方には、鎌倉時代には渋谷・大掾(だいじょう)・泉田・四方田のいわゆる河内4頭と呼ば

れる地頭が配置されていたが、有力な存在ではなく、いわば豪族勢力の空白地帯であったから、大

崎氏はその特権的な地位を利用し、比較的たやすく勢力をうえつけることができた。

大崎氏の居城のひとつ「名生城」
my.名生城 02

しかし、戦国時代に入ると大崎氏は、北の栗原郡では直接葛西氏と境を接し、東方では深谷・山内

・首藤などの小領主の帰属をめぐり、葛西氏と対立しなければならなかった。

さらに南方では陸奥守護職を私称する伊達氏の勢力が北上し、緩衝地帯にある武石・粟野・留守・

国分などの小領主の帰属をめぐり、利害の対立が激しくなった。

そのうえ大崎氏は比較的新しい大名であったから、一族の分封も少なく、主従関係も緊密さを欠き、

権臣が対立して御家騒動を起こすなど、上からの統制力もやや弱体であった。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20210110




<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム