FC2ブログ

奥羽の群雄割拠 その91

『伊達政宗、人取橋の戦い その2』

政宗がこれら既成地盤を基礎にして、領域を発展させようとする方面は、北方の大崎氏・最上氏、南

の芦名氏、畠山氏の領土であったが、最上方面と芦名氏の会津方面は、前者は相手として手強く、後

者は道が剣難であった。

青葉城の政宗公(青葉城登城記は「こちら」です。)
da.伊達政宗公

東の相馬氏は小国ではあるが強兵であり、攻略は労多くして功が少ない。

こう考えてくると、政宗の進路は仙道筋を南下するか、大崎平野に向って北進するしかない。

とくに仙道筋は所在の大名が小領主で、各個撃破が可能であること、会津方面や海道筋を攻略するに

は、仙道から侵入した方が利点が多いこと、東北の咽喉部に当たり、ここを制すれば全東北を制する

ことが出来ること、以上の理由から見て仙道方面への南下政策は、政宗にとって最も魅力的な経営で

あった。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20210303




<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム