FC2ブログ

奥羽の群雄割拠 その92

『伊達政宗、人取橋の戦い その3』

安達郡塩松の城主・大内定綱は、伊達・芦名の間を往来して反復していたが、天正13年(158

5年)9月、ついに二本松の畠山氏に頼った。

畠山氏は奥州探題の末裔として、大崎氏とならぶ名家であったが、当時は勢力も衰え、安達郡の一

部を領するに過ぎなかった。

伊達輝宗
da.伊達輝宗

当主・義継は伊達氏とは比較的親近の間柄であったが、定綱の敗北に恐れをいだき、同年10月6

日、伊達氏に投降し、同8日、伊達輝宗の陣営に家臣50余人を率いて、帰服の御礼に参上した。

ところが、面会が終わっての帰途、にわかに逆心を起こし、輝宗を虜にして二本松に連れ去ろうと

し、刀を脇腹に突き付けて、阿武隈河畔の高田原まで連行した。

輝宗は尾行してきた家臣に

「我とともに義継を討て」

叫び、伊達氏の家臣は、主人もろとも50余人の二本松勢をみな殺しにし、義継の首級を挙げた。

輝宗は時に42歳。

政宗が急報によって駆けつけた時は、父はむなしく屍となっていた。

政宗の仙道攻略は、父の横死という、思いがけない惨事をもって幕が切って落とされたのです。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


robin 20210304



<参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム