FC2ブログ

島津義弘の関ケ原 その47

『徳川家康の陰謀 その14』

新納旅庵は、7歳で禅寺に出家し、16歳のときに薩摩を出奔しています。

広い世を知りたかったらしい。

岩屋城
iw.岩屋城跡

托鉢僧となり、諸国の寺院をめぐって修行を重ねたといいます。

10年に渡る長旅を終えて庵をむすび、八代荘厳寺住持となった。

「旅庵」の名は、そこから生まれたという。

他国の情勢に通じた旅庵を、国主の島津義弘が召し出した。

天正14年(1586年)、旅庵は、岩屋城攻めで道案内となって先鋒隊を指揮し、落城させて功名を

挙げていた。

義弘は新納旅庵を還俗させて、家老職に取り立てた。

旅庵は義理がたい、義弘の危急を知るや、国元の留守居役という立場を忘れて薩摩を脱してきたの

です。

荷馬車に鉄砲・弾薬を積み、精鋭小隊を率いて駆けつけたのです。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


20210510.jpg




<参考文献:島津義弘(加野厚志・Wikipedia>
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム